新聞ななめ読みblog

2017.01.20

⑦ 生ごみを減らすには

燃やすごみの約4割を占める生ごみ。ごみを減量するには、この生ごみを減らすことが重要となる。今回は、そのポイントについて紹介する。

生ごみを減らすためにまず大切なのは、「生ごみを出さない」ということ。買い物をするときは、事前に冷蔵庫の中身をチェックし、買い物リストを作るなど、食品を計画的に購入するようにしよう。そして料理の際は、食材を使い切る工夫をし、残さず食べ切るよう心がけよう。
食品に付いている「賞味期限」は、おいしく食べられる期限、「消費期限」は食べられる期限を示している。違いをきちんと理解し、食品を誤って廃棄することのないよう注意したい。
生ごみを捨てる際は、よく水を切り乾燥させることによって、臭いの元となる腐敗を防ぐことができる。乾いた調理くず用の入れ物を用意する、水切りネットでしぼるなど、水切りを徹底するための工夫を。
市川市では、生ごみを堆肥化する「コンポスト容器」の購入補助制度を導入している。容器1基につき購入価格の2分の1で3000円を上限に補助される。市内在住1世帯につき2基まで。詳しくは問い合わせを。
▽問い合わせ
TEL:047-712-6317/市川市清掃部循環型社会推進課

 
コンポスト容器(購入補助あり)


エミング
浦安新聞
いちかわ新聞

ベイちばinfo 新着情報

2019.08.30

2019年11月16日(土)に浦安市総合公園 駐車場エリアにてフリーマーケットを開催します。

2019.06.24

「行徳カタログ」は毎年6月発行。行徳暮らしに欠かせない企画と便利情報を最新版に更新してお届けしています。

カレンダー

«1月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリーリスト

ベイちばinfo編集部

株式会社 明光企画
〒272-0143
千葉県市川市相之川3-2-13
TEL:047-396-2211
FAX:047-397-0325
http://www.meiko-kikaku.co.jp/

プライバシーマーク

個人情報保護方針

Copyright (C) meiko-kikaku, All Rights Reserved.