イベント掲載申し込み(行徳・浦安・葛西・市川)

地元おでかけ・イベント情報

2019年06月15日 10:00

■(6/16に順延決定)おもしろ生物 トビハゼに会いに行こう

【6/16に順延決定】行徳野鳥観察舎イベント「トビハゼの日」

ひもクジに参加できるクジ券を行徳新聞アプリ『ちりつも』で配信!
事前にスマホアプリ「ちりつも」をダウンロードして、「ちりつも」のカメラから行徳新聞6/7号1面(表紙)のQRコード®を読み取ってGet!!
※スマホアプリ「ちりつも」の詳細はこちら

  • 2019年6月15日(土)→6/16に順延決定しました
  • AM10:00~PM3:00
  • 行徳野鳥観察舎跡地周辺(市川市福栄4‐22‐11)
  • 参加費:無料(一部有料あり)
    ※配布・展示物は数に限りあり
  • 観察会に参加する人は汚れてもよい服装と靴で来場を。
  • 問い合わせ
    TEL:047-397-9046/行徳野鳥観察舎管理事務所

トビハゼとはその名の通りハゼの仲間で、干潟の泥の上を這ったり跳ねたりして移動、ほぼ一日中水の外にいるという、一風変わった習性の魚だ。
環境汚染や埋め立てなどによる泥干潟の消失で生息域が減少し、現在は環境省のレッドリストに準絶滅危惧として指定されている。
東京湾奥は、日本最北のトビハゼ生息地。行徳鳥獣保護区の泥干潟にも、多数のトビハゼが暮らしている。
そんなトビハゼに親しんでもらおうと、行徳野鳥観察舎友の会は6月15日(土)、「トビハゼの日」と題して、さまざまな楽しいイベントを企画している。

丸浜川沿い通路と保護区を隔てる導流堤では、普段は歩けない堤防の一部を一般開放。また、導流堤よりさらに近くでトビハゼを観察するトビハゼ観察会(AM11:00~、PM2:00~)、野鳥救護施設ツアー(AM10:30~、PM1:30~)を開催。
観察舎跡地周辺では、地面に盛った土に木の実や花でデコレーションを楽しむ野ゲーキづくりや、チェックポイントで指定の写真を撮ってくると素敵な商品がもらえるフォトラリー、トビハゼマスコットの色塗り(1個100円)が楽しめ、クッキーやピザ、チョコバナナなどのフードや、行徳名物の海苔などの販売も行う。
また、イベントちらしや行徳新聞6/7号掲載のクジ券を持ってくと、ひもクジに参加できる。忘れずに持っていこう(クジ券は行徳新聞アプリ「ちりつも」でも配信)。

 

Tweet
Tweet

今、お持ち帰り・宅配を行っている 飲食店を教えてください!

ベイちばinfo 新着情報

2020.06.19

2020年7月19日(日)にモナ新浦安・イオンスタイル新浦安にて、ママともフェスタを開催します。ただいま、参加者募集中です。

2020.05.21

コロナでの休校を受け、学力のこと、家庭・塾での勉強のこと、受験のこと、今後に向けた対策のこと…お子さんの教育についてお父さん・お母さんの声を、ぜひ浦安新聞にお寄せください。

ベイちばinfo編集部

お問い合わせ

株式会社 明光企画
〒272-0143
千葉県市川市相之川3-2-13
TEL:047-396-2211
FAX:047-397-0325
http://www.meiko-kikaku.co.jp/

個人情報保護方針

Copyright (C) meiko-kikaku, All Rights Reserved.