市川ポイントの期間限定交換商品!

cafe&bakery morrou(カフェ&ベーカリー モロー)

cafe&bakery morrou_500円券

※お申込みは、スマホアプリ「ちりつも」の市川ポイント[つかう]からお申込みください。
※お一人様1回のみ

交換券の発送開始は2019年5月31日(金)です。
交換券の有効期限は、2019年6月30日(日)までです。


※お申込みいただいた方へは、㈱明光企画から交換券を発送しますので、お客様ご自身が店頭で商品とお引き換えください。
※お釣りは出ません。
※交換限定数に達したところで、お申込み受付終了となります。

限定数に達したためポイント交換受付終了しました(2019年5月17日 13:02)

商品紹介

cafe&bakery morrou_バナナブレッド

大人気のバナナブレッド。ランチにうれしいサンドイッチは15種類も。

低価格の理由は「毎日食べてほしいから」

2017年11月、本八幡駅前にオープン。
店長の大倉佑介さんは「もともと父親がパン屋だったのと、自分自身商売をしてみたかったというのがあって店を開いた。駅を中心として街に活気があるなと思い、本八幡を選びました」
店内にずらりと並ぶパンは、種類の多さはもちろんのこと、どれも「140円」「160円」など手に取りやすい価格。ここにも大倉さんのこだわりがある。
 「正直利益率は低いんですが…(笑)、低価格になるようにがんばっています。近ごろは2、3個買うと1000円を超えてしまうような高級パンも多いですが、自分たちが求めるのはそこではなく『毎日通える』パン屋なんです」

バナナをぜいたくに使った「バナナブレッド」が人気

商品は開発時にまず試作し、スタッフ全員で意見を言い合うようにしている。中でも「バナナブレッド」はヒット商品だ。
「混ぜすぎない」「しっかりフワッとホイップさせる」など、パン(お菓子)作りの基本を忠実に守りつつ「生のバナナを、粉に対し1対1くらい入れているんです。粉が2キロあればバナナも2キロ。あとは砂糖などベーシックでシンプルな材料だけで仕上げています」。
パン作りの工程では、できるだけ手づくりで添加物を使用しないのもこだわりの一つだ。
「一度お客さんから『食パンにカビが生えた、本当に防腐剤入れてないんですね!』と喜ばれたことがあります(笑)。今後は、天然酵母やライ麦など、取り扱う生地の種類をもっともっと増やしていきたい」

店舗情報

カフェ&ベーカリー モロー
『café&bakery morrow』

市川市南八幡4-6-16
TEL:047-718-8021
営/9:00~21:00(日・祝は20:00まで)
  イートイン20席
定休日/不定休

cafe&bakery morrou
Tweet
Copyright (C) meiko-kikaku, All Rights Reserved.